親子ローンとは

親子ローンってなに

最近親子ローンといって、住宅ローンを親子で引き継ぐものを組む人がいます。

住宅ローンの返済は、金融会社によって異なるとはいえおおむね75〜80歳までとなっています。
長い期間の住宅ローンを50歳や60歳になってから組むのはできないといいます。
50歳を過ぎると、フラット35を利用したくても審査の段階で断られます。
1人でローンを組むよりも融資条件を満たしやすく、借入金額を多くしたり、返済期間に余裕を持たせることも親子ローンならできるといいます。
60歳以上の人でも、親子ローンにすれば25年〜35年の長期のローンを組むことができます。
ゆくゆくは親子で一緒に住みたいという人や、二世帯住宅を考えている人にはおすすめのローンだといえます。
金融会社の信用評価は、親子で融資を受け、一緒に返済することができますのでかなりアップするといえます。
今一緒に住んでいるか、同居を将来予定している親と実子または養子が利用することができるのが、親子ローンです。
購入する住宅は、親子が共有しているか、またはどちらかかが所有しており、親子や親子の家族が同居する目的である場合に限られます。
親子どちらも安定した収入があることや、子が親の連帯債務者になることなどがほかの条件となります。
親子の双方が団体信用生命保険に加入するなど、親子ローンは金融会社によって様々な条件がつきます。

 

植毛の価格|相場と植毛手術方法

親子ローンの注意点

親子ローンの注意点

ローンの種類のひとつである親子ローンは、親子2代にわたって住宅ローンの返済をするものです。

さまざまなメリットが親子ローンにはありますが、気を付けなければならないこともあります。

 

しっかりと親子で話し合って本当にそれでいいか、両方が理解した上で納得する必要が、親子ローンを使う場合にはあるといえるでしょう。
親子ローンを利用している時に、子どもが新たに家を購入しようとしても、自分の住宅ローンを組むことはできません。
すでに子どもは、親子ローンの連帯責任者という立場だからです。

 

未婚の子どもの場合、結婚後の生活スタイルが決まっていないうちから、親との同居を前提とした親子ローンを組むのは、早すぎるかもしれません。
子どもの場合には、転勤や遠隔地への赴任の可能性も将来的にはあるといえます。
将来の選択肢を、住宅を買うことによって狭めてしまうことがないように注意しましょう。
親が住宅ローンを中心になって検討し、重要な決定に子どもが関わっていないこともあるのが、親子ローンの問題点です。
気軽にローンを組んだところ、後々それが重荷になる可能性もあります。同居が、親子間のトラブルが何らかの理由で起きてできなくなる場合もあるでしょう。
人生は、何が起きるかわからないことがたくさんあります。親子ローンを組む時は、よく話し合って決める必要があるでしょう。