母子家庭や寡婦 無利息融資

母子家庭や寡婦への無利息融資

母子家庭や寡婦への無利息融資

無利息の融資を希望すると使えるという人がいます。
お金を借りると利息がつくのは当たり前のことですが、母子家庭や寡婦に対しては無利息の融資が使える制度があります。
母子家庭の定義とは、20歳以下の子供を育てており、女性であり、結婚していないことです。
配偶者のいない女子であり、かつ母子家庭で20歳未満の子どもを扶養したことのある人を寡婦といいます。
母子家庭や寡婦に対しては、地方公共団体が無利息の融資をしています。安定した子どもの生活と健全な育成のために融資されるもので、母子福祉資金、寡婦福祉資金貸付があります。
母子福祉資金と、寡婦福祉資金貸付は13種類の融資が存在しており、うち9種類が無利息です。
利息がつく融資には、住宅資金、転居資金、結婚資金、生活資金がありますが、金利はかなり低いので、返済の負担も軽くなります。
1カ月以内という制約がある生活資金も存在します。技能習得中であったり、医療介護資金を受けている場合には、制限があるので注意しましょう。
無利息融資を利用している時でも、滞納した場合などは、違約金を支払わなければならなくなってしまいます。母子家庭や寡婦への無利息融資の条件は地方公共団体によって異なりますので、事前に融資条件などをしっかりと調べておきましょう。