親子ローン 種類

親子ローンの種類

親子ローンの種類

親子ペアローンと親子リレーローンとの2種類があるのが、親子ローンというものです。
はじめは親が住宅ローンを返済し、途中で子どもが返済を引き継ぐというものが、親子リレーローンです。
同居を親子がするという前提で、子が親の連帯債務者になる必要が、親子リレーローンを組む場合にはあるようです。
親の収入の範囲なら、子どもの収入も合算してローン審査を受けられることが、親子リレーローンの魅力です。
借入金を、親だけ子だけでローンを組む時よりも多くすることが可能なので、新しい家に家族全員で住むことも不可能ではありません。
住宅金融支援機構のフラット35で取り扱っている親子リレー返済が人気です。それぞれ親と子が融資を受け、同じ家を買う資金にするというものが、親子ペアローンと呼ばれるものです。
子が親の、親が子の連帯債務者になるのが、親子ペアローンの特徴です。
単独債務者に親と子がそれぞれなって返済をするのが、リレーローンとは違うところです。
ペアローンの場合も、それぞれの収入に基づいてローンを利用できますので、通常のローンより高額の借り入れが可能です
。固定資産税の軽減を親子の両方がはかることができるというのもメリットです。
それぞれの特徴を踏まえて親子ペアローンと親子リレーローン、どちらがいいかをしっかり検討しましょう。